広告 アートメイクとは

【画像あり】眉アートメイクが消えた!他院で修正した結果

アートメイクは汗や水にも強く、消えないメイクとして注目され、眉毛を中心に施術を受ける人が増えてきています。

一方で、ごくまれに短期間で意図せずに消えてしまうことがあります。

そこでこの記事では、本来は1年以上は持つと言われる眉毛アートメイクがなぜ短期間で消えることがあるのか・消えてしまう理由を実際に3ヶ月で消えてしまった編集部スタッフの実体験を元に、画像付きで解説します。

この記事のポイント

  • アートメイクは本来どのくらい持続するものかが分かる
  • 実際に短期間で消えてしまった事例を紹介
  • 眉毛アートメイクが消えないようにするためにできることが分かる

本サイト内で紹介している情報にはプロモーションが含まれます。

アートメイクとは?

アートメイクは、専用の針やマシンを使い、皮膚の浅い箇所にインクをを注入することで、まるでメイクをしているかのように見せる人気の美容施術です。

主に眉毛、アイライン、リップにすることが多く、『消えないメイク』として女性だけでなく、最近では男性にも人気が高い美容技術になっています。

多くの美容クリニックでは、2回施術を推奨しており、2回目の施術後は、アートメイクは1~3年ほど持続すると紹介されていることが多いです。

しかし一方で、施術を受けた一部の人で『1回で消えてしまった』『半年後には消えてしまった』『2回したのに消えてしまった』などという口コミがあることも確かです。

実際、本サイトの編集部スタッフにも、2回目の施術後すぐに消えてしまった~という子がいましたので、話を聞いてみました!

【実体験】2回目の施術後、アートメイクが消えました

今回初めて眉毛のアートメイクをしました。2回施術をし、1回目の施術の2ヶ月後に2回目の施術をしました。

1回目の施術後しばらく経つと左眉(向かって右側)が薄くなってきました。施術を受けたクリニックからは、時間とともに人によっては半分くらいの薄さになると聞いていたので、こんなもんかな~と思っていました。

2回目の施術後に、色は定着するのが一般的なので、様子を見ていました。

2回施術後は1-3年は持続すると聞いていましたが、3ヶ月後にはほとんど消えてしまいました。かなり薄くなっているのが分かるかと思います(下の写真がそれです)

特に、目頭付近はアイブロウペンシルがないと不自然になっているのと、目尻もぼんやりとしていていました。

確かに良く確認してみると、2回目施術前から、左眉の目頭付近は定着が良くなかったようです。

2回施術して、半年後どころか、3ヶ月しか経っていないのにこれはショックでした。。。

悩んだ結果、他院で修正することにしました!その結果はこの記事の後半で!

なぜ眉アートメイクが消えることがあるのか

ではなぜアートメイクが消えてしまったのでしょうか。。。

考えられる理由は以下があるそうです。

施術前の不十分なカウンセリング

アートメイクは初めての方だと、ほとんどの場合1回の施術だけだと上手くインクが定着しません。そのため、ほとんどのクリニックでは2回施術を基本としています。

1回目の施術の後、色素やデザインの定着具合を確認して、施術前に充分なカウンセリングを行いながら2回目の施術をする必要があります。

このカウンセリングの時間は施術と同じくらい重要です。

この事前カウンセリング・確認を充分にせずに施術してしまうと、アートメイクが消えてしまったり理想の形にならない原因となります。

使用された色素や機材の品質

施術に使用される色素や機材の品質は、アートメイクの持続性に大きく関係します。低品質な材料を使用すると、色素の定着が不十分になり、結果的にアートメイクが消えやすくなる原因にもなります。

個人の肌質やアフターケアの影響

個人の肌質によっては色素が浸透しにくい場合があります。また、しっかりアフターケアをしないとアートメイクが持続しないことがあります。クリニックからも説明があると思いますが、以下のアフターケアが基本です。

これらを守らないと、アートメイクが消えてしまったり、定着が悪くなる可能性があります。

  • 温泉やサウナなどは1~2週間避ける
  • 施術後1週間は患部をクレンジングなどでゴシゴシしない
  • 直接日光に当たらないようにする(日焼けを避ける)
  • 痒みが出てきても触らないようにする
  • 皮がはがれてくることがあるが、無理にはがさない

施術者の技術不足

施術者のスキルも大きく関係してきます。アートメイクは繊細な作業な上に、一人一人筋肉の動かし方なども違うため、高いスキルが必要になります。

経験の浅い施術者の場合、その人に合ったアートメイク施術ができず、結果消えてしまったり形が理想通りにならない、ということもあり得ます。

アートメイクは他院で修正できる?

アートメイクは他院での修正も可能です。ただし、通常のアートメイクと違い、既に他院が施術したデザインに手を加えるため、通常のアートメイク施術以上の手間や技術レベルが必要になります。

また、細いものを太く、薄いものを濃くするのは比較的問題なくできますが、既に濃いアートメイクを薄くする、太い眉を細くする、ということは難しいということは覚えておきましょう。

また、他院の修正をする際に選ぶクリニックは、以下のポイントを確認することが重要です。

他院リタッチをメニューに載せているか

他院リタッチはどのクリニックでも対応可能なメニューではないため、他院修正をメニューに載せているクリニックかどうかを確認しましょう。

編集部

メニュはー『他院リタッチ』『他院修正』と明記されていることが多いのでチェックしてみましょう。また専用メニューがなくても他院の修正が可能と書いてあるクリニックでしたら是非相談してみてください

施術者の経験やスキル

通常のアートメイクと違い、他院リタッチは既に他院が施術したデザインに手を加えるため、通常のアートメイク施術以上の手間や技術レベルが必要になります。

そのため、他院リタッチを導入しているクリニックでさえも、施術者のランクによっては施術自体受けていないこともあります。

修正するからにはまた失敗は避けたいので、実績豊富な施術者に他院修正をお願いするようにしましょう。

施術前のカウンセリングが十分か確認

繰り返しになりますが、施術前の事前カウンセリング・確認を充分にせずに施術してしまうと、アートメイクが消えてしまったり理想の形にならない原因となります。

そのクリニックがカウンセリングに力を入れているか、充分な時間を使って納得いくまで相談にのってくれるかを確認することをおすすめします。

口コミや実績

『他院で失敗したアートメイクを修正した』『他院で施術したけど気に入らなかったのでお願いした』など、他院が施術したアートメイクを修正した口コミがあるクリニックを選ぶと良いでしょう。

更に他院のアートメイクを修正した症例が紹介されていたら尚良いです。

アートメイクの他院での修正の流れ

他院修正の施術のおおまかな流れは以下の通りです。

カウンセリング

まずは前回のアートメイクの現状を評価し、問題点を特定します。消えた箇所や不自然な部分などを明確に把握することが重要です。

修正プランの提案と説明

問題点が特定されたら、修正プランが提案されます。施術者はどのような修正が必要かを丁寧に説明し、患者様と相談しながら最適なプランを立てます。

施術

修正プランが確定したら、施術が行われます。前回のアートメイクを修正し、求められている仕上がりを実現するために、慎重な作業をしていきます。

アフターケア

色素やデザインの定着具合を確認しながら、理想の色味や形に整えていきます。

【実体験】他院で消えたアートメイクを修正!

消えてしまった箇所はあるけど、一応『土台』は残っていて、アイブロウペンシルなどで描けば眉の形はいい感じだったのでこのまましばらく様子見しようか悩みました。

でもやっぱりせっかくお金をかけたので、理想の眉に近づけるために思い切って他院で修正することにしました。

今回修正をお願いしたのは、アートメイククリニックでも大手のメディカルブローです。

メディカルブローでは、しっかりと『他院リタッチ』のメニューを用意しています!

ただし、施術可能なアーティストはクリニックの中でも特に経験豊富とされているランクに属する人だけに限定されています。

メディカルブローの眉のアートメイクの他院リタッチは1回につき60,000円~80,000円(税込)です(指名料は別料金)

今回アートメイクが消えた理由は分かりませんが、インクの質が悪い・施術者の色の入れ方にムラがあったことが考えられます。

アートメイク施術後にアフターケアを怠ると定着に影響があるそうですが、私の場合、クリニックから言われた以上にケアをしっかりとしていたので、その原因は考えにくいです。

すっかり一部が消えてしまった眉毛のアートメイク

特に目尻と目頭の手直しをメイクでしないといけないのが、苦痛でした。。

▼修正前

メディカルブローのアーティストさんは、特定のアーティストさんだけが他院修正をできます。消えてしまった箇所だけでなく、左右の濃さも全然違うのが不自然だったため、不自然なままにならないようにインクの色も一緒に決めていきました。

▼修正後はこちら


アートメイクが消えた考えられる理由としてはインクの質が悪い点があげられますが、メディカルブローのインクは、欧州連合の専門機関、EMA認可のものを使っています。安全性を考慮した施術が受けられるので安心です。

また、アートメイクは医療行為です。資格を持っていない施術者だと消えたり失敗するリスクも高まります。メディカルブローは、医師の管理下でトレーニングを受けた医療従事者のみがアートメイクを行います。

消えたアートメイクの修正ができるメディカルブロー

今回3ヶ月で消えてしまった他院のアートメイクを修正してもらったメディカルブローは従来よりさらに細い6Dストローク®専用の“超極細”の針を導入し、より繊細で美しい毛並み感を再現できるようになった新技術「6Dストローク®」を導入しています。

手彫りで1本1本丁寧に毛を描いていくことで、超自然で美しい眉を作り上げることができます。

アートメイク
クリニック名メディカルブロー
料金2回セット:40,000円~150,000円(税込)
追加施術(1回):40,000円~70,000円(税込)
追加部分施術(1回):25,000円~50,000円(税込)
他院リタッチ(1回):60,000円~80,000円(税込)
パウダー(1回):5,500円(税込)
モニター料金あり
施術方法毛並み(6Dストローク)/毛並み+パウダーブロー
指名料2,000円~25,000円(税込)※施術者ランクによる

関連記事
メディカルブローの口コミは?眉アートメイク症例やランク別料金も解説!

アートメイクが消えた経験から分かったこと

今回の経験を踏まえ、アートメイククリニックを選ぶときは以下のポイントに気を付けることが大切だと考えます。

クリニックの信頼性: アートメイクを行うクリニックの信頼性や評判を確認し、実績のあるクリニックを選ぶことが安心感に繋がります。

施術者の経験とスキル: 施術者の経験やスキルはアートメイクの成否に大きく影響します。経験豊富な施術者が在籍するクリニックを選ぶことが望ましいです。

施術前のカウンセリングの質: カウンセリングの質も非常に重要です。自分の希望や悩みをしっかりと伝え、理解してもらえるクリニックを選ぶことが重要です。

アフターケアのサポート: アフターケアがしっかりとサポートされるクリニックを選ぶことで、安心してアートメイクを受けることができます。

関連記事
他院修正ができるアートメイクおすすめクリニック

アートメイクは医療行為です。本サイトでは、医師の管理下で運営されているクリニックのみを紹介しています。
本記事は可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
ご利用の際は各クリニックのホームページなどをご確認ください。

-アートメイクとは